いなおと特許事務所ブログ

いな音(イナオト)特許事務所が知的財産に関する情報を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

備考類似(類似群コードが異なるのに互いに類似となる場合)について

2013/05/22

前回(2013/05/21)は、類似商品・役務審査基準の見方を説明しました。

ポイントは、
類似商品・役務審査基準では、類似商品・類似役務が同じ四角形枠(短冊)に入れられて、同じ類似群コードが付けられている。[類似群コードが同じ商品・役務は互いに類似]

② 各短冊の右下に、類似の商品・役務(同じ類似群コードの商品・役務)がある他の区分(他の分類)が表示されている。

③ 他区分(他分類)にある類似商品・類似役務は、他類間類似商品・役務一覧表でまとめてみることができる。

④ ただし、『備考類似』といって、類似群コードの異なる商品・役務が互いに類似とされることがある。

ということでした。

今回は、上記④の『備考類似』について簡単に説明します。

 『備考類似』 とは、類似群コードのみではカバーし切れない個別の類似関係を『(備考)』として記載したもので、互いに類似群コードが違うのに類似の商品・役務とされるものです。

例えば、類似商品・役務審査基準 の 第30類 を見ます。
   区分   商品             類似群
   第30類  茶              29A01
   第30類  コーヒー ココア      29B01
とあり、『茶』 と『コーヒー ココア』は類似群コードが違います。したがって、これらは本来『互いに非類似』として取り扱われるはずです。

しかし、各短冊の下方を見ると、
29A01には、『 (備考) 「ウーロン茶」「紅茶」 は、「コーヒー」「ココア」に類似と推定する』とあり、29B01には、『 (備考) 「コーヒー」「ココア」 は、「ウーロン茶」「紅茶」に類似と推定する』とあります。

すなわち、
「ウーロン茶」 「紅茶」 と、「コーヒー」「ココア」は、類似群コードが違うのに、互いに類似の商品として取り扱われることがあり、これを備考類似といいます。

ただし、特許庁の審査で商品・役務の類否について、備考類似の記載に基づく判断が必ずなされるわけではなく、「情報の提供」(商標法施行規則19条)があった場合や、商標登録後に「登録異議の申立」(商標法43条の2)や「商標登録の無効の審判」(同46条)があった場合に判断する運用がなされています(もちろん、備考類似を気にしなくても良いというわけではありません。)。

備考類似は、上述した例以外にもあって、備考類似商品・役務一覧表 にまとめられています。

==================================
いな音特許事務所では、特許・実用新案・意匠・商標などの知的財産に関する幅広いサービスを提供しています。
==================================
スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 13:29:14|
  2. 指定商品・指定役務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inaot.blog.fc2.com/tb.php/5-c09ec361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。